事業報告

10月第一例会

10月第一例会 地域の魅力発信委員会 担当例会

「活動報告会~地域の魅力を広げる食の場の大切さ~」 参加総数:95名

 

 

【御参列者様】

料理研究家:横山たか子先生

内閣府参事官:安藤玲様

松本市こども部部長:伊佐治裕子様

NPOホットライン信州 青木専務理事はじめ皆様

安曇野更生保護女性会 様

長寿社会開発S ボランティアコーディネーター様

おてらやおやつくらぶまつもと 様

信大生ボランティア 様

信州松本短大生ボランティア 様

信州大学ボランティアサークルボルネット 様

日本食育指導講師 藤原一世様

一級フードアナリスト 中島麻希様

松本中央ライオンズクラブ 丸山淳治様

塩尻青年会議所 山田理事長はじめ皆様

報道各社様

松本青年会議所会員60名

 

【式次第】

1)委員会活動発表

①食の場の重要性への気づき

②小学生全児童配布パンフレット事業

③まるごとうまいもん×信州こども食堂事業~4回開催を経て~

④広がれ魅力食定着の場

2)内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付 参事官(子どもの貧困対策担当)付

安藤玲 様 ~国の貧困対策の現状と子ども食堂に対する支援~

3)松本市こども部部長

伊佐治裕子 様 ~松本市のこどもの居場所づくりの現状~

4)横山タカ子 先生 記念講演「地域の魅力定着は食卓から」

5)お食事ご歓談(横山タカ子先生監修一汁三菜)

6)一社)松本青年会議所地域の魅力発信委員会総括

・魅力食の定着と継承には場が大切である事の再認識

・発信者として影響力のある参列者への拡散要請

 

【委員長所感】

本年度の集大成として、活動関連団体さまを招き活動報告会を開催致しました。学校をはじめ、多くの団体と連携を取った活動でしたので、各団体それぞれの思いや、今後への展開を抱かれたことと存じます。地域の魅力を定着させる活動として本年度は、あえて、一つの食材に絞らず、広げる「場」にこだわり展開して参りました。

夏休みの家族での「外食」、「共食」の重要性を広める子ども食堂、原点回帰の「食卓」での一汁三菜。

私たちは、「場」にこだわり、活動を提言をし、横の連携強化に努めて参りました。

中信平発のこの活動が全国に展開することを願っております。

地域の魅力発信委員会 委員長 清水行和

 

 

★★★

最後までお読み頂きありがとうございます。

FaceBookでも情報更新中です!

“いいね”して頂けるととっても嬉しいです!

https://www.facebook.com/matsumotojc/

★★★

松本青年会議所 > 事業報告 > 10月第一例会